指名手配されているワイヤーカードの元COOはロシアにいる?

in #japanese3 months ago

不正会計問題で破産手続き中のフィンテック大手ワイヤーカードですが、あるはずの資金2,300億円が監査によってまるまるなかったことが発覚したというとんでもない事件です。
image.png
source: https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-26/QCIZ3NT0G1KW01

その会計に深く関与していたと思われるワイヤーカード元COOの行方が現在わかっていません。
現在国際指名手配されている同氏ですが、記録ではフィリピン経由で中国に渡ることになっていたのですが、それは実は影武者だったらしくどこにいるか全くわかっていない状態でした。

ですがワイヤーカードのドバイ子会社からロシアに大量のビットコインが送金されていることが確認され、この元COOがロシアにいるのではないかという話が出てきました。
ドバイ子会社では不透明な運営などが取りざたされており、先日もドバイ子会社のトップが逮捕されています。
https://jp.reuters.com/article/wirecard-accounts-arrests-idJPKBN2472F9

ワイヤーカードは仮想通貨デビットカード発行事業者としてCrypto.comやTenXなどが利用していましたので、それが利用できなくなり仮想通貨界隈でもかなりのインパクトのある事件でした。
日本ではたしか発行できなかったのでそんなに影響はないと思いますが。

今回の元COOの動きについても話を聞くだけだと映画や小説の話かな?と思ってしまいました(笑)
監査法人出身の友人なんかもこの事件について関心を寄せており、全貌が明らかになるのが楽しみです。