新しくスマホゲームを始めたら、久しぶりにExcelを触りました

Zdravo!

Atsushiです。

先週の金曜日に、約3ヶ月間続いた語学学校が終わりました。

途中からわかっていたことでしたが、一度も実際に会うことなく終わってしまったので、ちょっと実感がわきません。

このことについてはまたHIVEに書こうかなと思っています。


今回は

最近ハマってしまったスマホゲームとExcel

について書きます。

まず、スマホゲームのタイトルですが、東方ロストワードというゲームです。

少し前に、東方Projectの音楽の話を書きましたが、それが関係しています。

音楽をよく聞いているときに、アプリストアで見かけて、広告動画を見てすぐにダウンロードして...という感じです。

ゲーム中に流れている音楽は東方Projectの原曲ではなくアレンジバージョンなのですが、今の所どれもすごく気に入っています。

絵もめちゃくちゃ綺麗で素晴らしいです。

ちなみにテーマ曲はYouTubeで聞けますので、よかったらぜひ。

とまあこんな感じで、結構ハマってます。

で、このゲームはキャラを集めてパーティを組み、ダンジョンに入っていって素材を集め、その素材でキャラを強化していく、というのが通常の流れなのですが

その中で"毎日特定条件下で出現するステージ"というものが存在します。

これはダンジョンとは別枠に設けられたもので、ダンジョンに入る回数や、そのときに消費するプレーヤーポイント(時間とともに回復するスタミナのようなもの)の数値などで出現するかどうかが決まるようでした。

まだリリースされてから2ヶ月ほどしか経っていないため、その仕様は謎だったのですが、最近その仕組がまとめサイトに上がりました。

詳細は省きますが、プレーヤーレベルやパーティコストによって左右されるため、ダンジョンに入る前に計算をする必要があるとのことでした。

でもそれも暗算でできるようなものでもなく、少し考える必要がありました。

そこで、プレーヤーレベルなどの変数を入力すれば、自動的に最適な回数を導ける計算機をExcelで作ることにしました。

それがこちらです。

スクリーンショット 2020-06-18 22.41.26.png

実際にはExcelではなくGoogleスプレッドシートを使っていますが。

これを確認しながらプレイすれば間違うことがないです。

非常に効率が良くなりました。

しかし今回これを作るにあたり、様々な表計算用の関数を調べることが必要でした。

なのでかなりの時間(1日くらい...)を使ってしまいました。

たかがゲームにそんな時間を割いて大丈夫か?と自分でも思うくらいです。笑

ただ、こういう「そのソフトを使ってしたいこと」が明確なときほど、そのソフトの内容をよく学べる気がします。

大学で統計学の授業を受けたことがありますが、自分が論文で使う統計処理以外は本当に興味がわかなかったです。

なんのためにそれを使うのか、っていう目的意識はやっぱり大切だなと思いました。

まあ、「そのソフト(手法)でどんなことができるか」をざっくりとでも知っておかないと、そもそも解決するための発想として浮かんでこないので、ある程度の知識は幅広く必要ですけどね。

そんな感じで、スマホゲームを通して統計にまた少し興味が出てきそうになりました、という話になります。笑

また何か勉強になったことがあったら書きたいですね。

それではまた。

Se vidimo, Hivers!

Sort:  

Congratulations @handballanalysis! You have completed the following achievement on the Hive blockchain and have been rewarded with new badge(s) :

You received more than 4500 upvotes. Your next target is to reach 4750 upvotes.

You can view your badges on your board And compare to others on the Ranking
If you no longer want to receive notifications, reply to this comment with the word STOP

To support your work, I also upvoted your post!

Support the HiveBuzz project. Vote for our proposal!